多くの男性が悩める薄毛は治療薬で治そう!

抜け毛を減らして太い髪に

育毛剤

育毛の恵はプラセンタにより毛根に栄養を与えて発毛を促進する育毛剤です。毛根を刺激する4種類の育毛成分により、毛母細胞を覚醒させます。マッサージと併用することで頭皮を清潔にし、血行を促進させて髪を元気にします。

More Detail

髪の悩みは内服薬で改善

鏡を見るメンズ

育毛剤から内服薬へ

30歳を過ぎると薄毛が男性にとって大きな悩みの種となります。加齢は、体力や精力の減退だけでなく、髪の毛にも影響を与えるため、20代まで髪毛の量の多さに困っていた方でも30歳という年齢を境に、抜け毛が増え薄毛になってしまうことも少なくはありません。そうした30歳を過ぎた男性の薄毛治療にこれまでは育毛剤が用いられてきましたが、最近は科学的に薄毛改善効果が認められている内服薬での薄毛治療が一般的となってきています。その内服薬の代表的なものがプロペシアで、プロペシアには男性型脱毛症の大きな要因の一つであると言われているジヒドロテストステロンの生成を抑える効果があります。男性型脱毛症は進行していく症状のため、改善するには原因を抑える必要があります。そうした原因の抑制が可能となることから、最近の薄毛治療ではプロペシアの利用が一般的となっています。

改善効果の高い組み合わせ

プロペシアは今では薄毛治療を行うに必須の治療薬となっていますが、もう一つ薄毛治療に多く用いられている内服薬がミノキシジルタブレットです。ミノキシジルタブレットは元は高血圧症のための薬として利用されていましたが、高血圧症の治療の途中に発毛効果があるということが発見され、その後薄毛改善用の内服薬として新たに作られ販売されました。こちらのミノキシジルタブレットも科学的に証明されている高い効果を持っていて、成分であるミノキシジルとの相性が良ければ、3ヶ月から半年という短い服用期間で発毛を実感することが出来ます。プロペシアとミノキシジルタブレットは同時に利用しても問題がないため、この2つの内服薬での薄毛改善は今現在一番高い改善効果を得られる方法と言われています。

髪の毛を守る

鏡を見るメンズ

海藻が抜け毛予防に良いと言われていますが、肉や魚や豆類からもタンパク質を摂らないといけません。また、薄毛治療にはフィナステリドが使われることが多くなりました。これは、男性型脱毛症のみに使うべきものです。他の脱毛症には使ってはいけません。

More Detail

薄毛治療の代表的な存在

発毛のイラスト

プロペシアはアメリカで開発された薬で、薄毛の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制できます。東京にはプロペシアの処方を行っているクリニックが、数多くあります。男性ホルモンの働きを抑えることで、性欲が減退することも考えられます。

More Detail